コンテンツにスキップ
毎週土・日はクーポンコード「free02」で送料無料
毎週土・日はクーポンコード「free02」で送料無料
衝撃!こだわりすぎて、自ら畑を耕すことになった納豆屋さんをご紹介

衝撃!こだわりすぎて、自ら畑を耕すことになった納豆屋さんをご紹介

納豆

今回は、群馬県前橋市粕川町で原料にこだわった結果、納豆製造メーカーとして、唯一無二の国産大豆・自家栽培にたどり着いた、「株式会社上州農産」様をご紹介。現在、「粕川なっとう」という人気ブランドで様々な納豆を販売しています。「粕川なっとう」工場周辺地域で、約20ha(東京ドーム約4.3個分)の圃場を管理しているそうです。「理想の納豆を追求したら、自ら畑を耕していました」とのこと。こだわりが溢れています。

大豆畑

『地域づくり・納豆づくり』 上州農産様の夢

粕川町が大豆の産地として名を馳せていく事を基礎とし、ファーマーズブランドを育て、赤城山南麓の景色を変えていく事が上州農産様の夢とのことです。地元の子供達に地場産製品への愛着を持ってほしいという思いから、一年を通して前橋市立粕川小学校で納豆づくり教室を行っています。総合学習を通して地元農業への理解と食育にも貢献しています。

うまい納豆は、田舎にある。田舎だからこそ生まれる味がある。

群馬県、赤城山南麓に「粕川なっとう」はあります。追求する理想の味は、大豆本来の味わいが最大限に生かされたもの。大豆の持つ甘み、香り、コク、もちっとした食感を上州農産様では「豆感」と呼び、豆感を引き出すために、大豆を長時間、低圧で蒸し上げています。また、発酵の過程においても、豆の品種、粒径、季節に応じて最適な発酵温度を管理しているそうです。

田舎道

納豆職人の手作り

いつまでも愛される納豆を造りたい。そのような思いで納豆職人の方が一つ一つ手造りしています。

手造りでしか生み出せない味があると思います。

 

こだわり抜いた上州農産様の「粕川なっとう」には、色々種類がありますので、それぞれご紹介していきたいと思いますが、その前に「粕川なっとう」のパッケージには「なっから」という言葉が使われています。「なっから」とは群馬弁の1つで、「めちゃくちゃ」「とても」「すごく」などといった言葉として使われています。ですので、「なっからうんめぇ!粕川なっとう」とは、「めちゃくちゃ・とても・すごく美味しい!粕川なっとう」という意味です。

なっからうんめぇ!粕川なっとう 小粒

小粒

赤城南麓産の小粒(納豆小粒種)の納豆です。ご飯によく絡み、豊かなコクと旨みが特徴です。

なっからうんめぇ!粕川なっとう 大粒

大粒

赤城南麓産の大粒(サトノホホエミ種)の納豆です。大粒で食べごたえが有り、大豆本来の豊かな甘味が特徴です。

なっからうんめぇ!粕川なっとう 極小粒

極小粒

赤城南麓産の極小粒(納豆小粒種)の納豆です。国産原料の極小粒は大変貴重です。

なっからうんめぇ!粕川なっとう ひきわり

 ひきわり

赤城南麓産のサトノホホエミ種を挽き割りました。挽きたてを使用していますので、大豆本来の香ばしさが生きています。

わさびで味わう逢わせ納豆 大粒

 わさび

2種類の大豆、自家栽培の大粒と国産黒大豆を合わせた贅沢な納豆です。わさびとタレが添付されており、お酒の肴としてもお楽しみいただけます。

しそ海苔香る逢わせ納豆 大粒

しそ海苔

2種類の大豆、自家栽培の大粒と国産黒大豆を合わせた贅沢な納豆です。爽やかなしその香りとコク豊かな海苔が調和したタレでお楽しみいただけます。

梅香り立つ逢わせ納豆 大粒

梅かつお

2種類の大豆、自家栽培の大粒と国産黒大豆を合わせた贅沢な納豆です。梅かつおの酸味が大粒納豆とよく合います。ご飯がすすみます。

逢(あわせ)小粒

逢小粒

逢わせ納豆ファン待望の小粒です。自家栽培の小粒と国産黒千石大豆を合わせました。大豆本来の味わいを引き立たせる化学調味料無添加のたれからしを添付しました。

粕川納豆 経木小粒

経木小粒

赤城南麓産の小粒(納豆小粒種)の納豆です。容器は香り高い赤松経木を使用しており、納豆の味わいを最大限に引き立てます。

粕川納豆 経木大粒

経木大粒

城南麓産の大粒(サトノホホエミ種)の納豆です。経木の大粒は昭和の納豆売り達が引き売りしていた昔ながらの経木納豆そのものです。

 

※経木納豆(きょうぎなっとう)とは?

経木納豆とは、経木(きょうぎ)に大豆を包んで発酵させた納豆です。経木とは薄い木の板で、スギやヒノキや松が材料に使われますが、納豆には松の経木が使われることが多いです。昔この薄い木の板にお経を書いたことから「経木」と呼ばれるようになったと言われています。納豆以外ではたこ焼きの容器や中華まんの底に敷かれているものがそれです。

 

何を選んでよいか分からないくらい種類があります。逸品バザールでは、そのようなお客様のために詰合せ(セット)商品を取り扱いしています。ギフト、贈り物にもおすすめとなっておりますので、是非ご覧ください。

 

→逸品バザール通販サイトでお取り寄せ

 

ところで、突然ですが納豆には必ずうすーいシート被せてあり、容器の側面はボコボコしていますよね?なぜだかご存知ですか?

■納豆に被せてあるシート

納豆業界では、「被膜(ひまく)」と呼ばれているそうで、納豆菌を均一に発酵させるために重要な役割を果たしています。また、出来上がった納豆の乾燥を防止するためにも被膜は活躍しているとのこと。

 ■パックのボコボコ

納豆菌が活動するためには酸素が必要ですが、その空気の道を作ってあげているのが、あのボコボコです。均一に発酵が進むようにしています。

 

ナットウキナーゼって、よく聞くけど具体的にどのように体によいものなのでしょうか?

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは直接血栓を分解する効果が有名です。血栓とは血液中にできる血の塊で、血管を詰まらせる原因のひとつです。血栓分解酵素を活性化、血栓を溶けにくくしてしまう物質を抑制など、様々な角度から血栓予防や、できてしまった血栓を分解させることができます。

 

心筋梗塞・脳梗塞の予防

心筋梗塞・脳梗塞は血の塊である血栓が詰まることにより引き起こされますが、ナットウキナーゼによって血栓ができにくいようにしておけば心筋梗塞・脳梗塞の予防に繋がると期待されています。また、ナットウキナーゼには血中コレステロール値を下げる作用もあります。

 

生活習慣病の予防

糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こす活性酵素の発生を抑える作用があります。いわゆる「抗酸化作用」で生活習慣病の予防にも期待できます。

 

 

便秘の予防

ナットウキナーゼは腸内で善玉菌を増やす効果が期待されているため、便秘の解消が期待できます。

 

納豆の効果を活かしましょう

納豆には、美肌、整腸作用、高血圧予防、免疫力アップなどたくさんの美容・健康効果があると言われていますが、食べ方によってその大事な栄養成分が損なわれてしまうこともあります。納豆の栄養を無駄にしないために正しい食べ方を知っておきましょう。

 

熱いご飯で食べない

ナットウキナーゼは、熱に弱い性質があります。そのため熱いご飯にのせて食べると、成分が壊れる可能性があります。他にビタミンB群も熱に弱いため、アツアツご飯は禁物。成分をしっかり摂りたい場合は、少し冷ましたご飯で食べると良いでしょう

卵は卵黄だけに

納豆と卵の組み合わせは好きな方が多いと思いますが、卵白に含まれるアビジンという成分は納豆に含まれるビオチンと結合して吸収を阻害します。そのため、納豆に卵を入れるときは、卵黄だけがいいでしょう。

 

意外と知らないひきわり納豆の栄養

納豆は発酵によって大豆の栄養価を引き出します。大豆を砕いて作られるひきわり納豆は、砕いていない粒納豆よりも表面積が大きくなるため納豆菌による分解が進み、栄養価がより高まるそうです。

 

食べ過ぎに注意

納豆には尿酸値を上げる原因となるプリン体が多く含まれています。ですので、納豆がおいしくて健康に良いと言っても、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

▼【上州農産】生産者紹介・商品一覧はこちらから
https://www.ippin-bazaar.com/concept/maker/joshu.html

--------------------------------------------------

前の記事 天然アワビの味を超える!産地直送、究極の養殖アワビ「三陸翡翠あわび」を徹底解説!
次の記事 「新鮮・安全・美味」!上質な素材で作られたおすすめの逸品、じゃこ天・かまぼこ・ちくわをご紹介